Menu

アメリカNSCの元高官が来日して異例の発言。秘密保護法と核武装に懸念を表明

5月9日、有楽町で核武装戦略を専門とするアメリカの元国務省高官で合衆国国家安全保障会議委員もつとめたモートン・ハルペリン氏が、予想を裏切る内容の講演を行った。この背景にあると思われる日米関係の悪化理由とそのネット世論誘導も含む両国の情報戦について考えたい。 ハルペリン氏の会見はかいつまんで言うと(1)日本の秘密保護法と情報公開制度は近年の民主国家で最悪である。(2)核武装を含む日米同盟の間での協議について自分の知る限りで、秘密保護法が必要であると考えたことはない(3)集団的自衛権の...
アメリカNSCの元高官が来日して異例の発言。秘密保護法と核武装に懸念を表明
 

続きを読む 

最新記事
記事一覧へ
PR・コマース
記事一覧へ
エドワード・スノーデン主役のフィルムとオーウェルの『1984』が リメイクして公開中
 
【書評】フランス料理から、ベトナムのフォー屋台まで
 
【映画館紹介】ブリリア ショートショート シアター
 
ランキング
記事一覧へ
国内
記事一覧へ
外信
記事一覧へ
文化
記事一覧へ
学問・勉強
記事一覧へ
English
See all

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る