Menu

「安倍晋三総理の意思決定は独善的」〜アメリカ大使館機密文書 第一次安倍内閣時の評価が、ウィキリークス流出文書に存在

第一次安倍内閣時に、日本のアメリカ大使館が作成した機密文書の中で、安倍晋三氏への評価として「身勝手な意思決定」をするという評価があることが、WikiLeaksへ漏洩したアメリカ国務省の文書から発見された。 文書の作成日付は、2007年の参議院選挙で与党自民党が敗北し、次期の内閣改造が待たれていた8月24日。新内閣と自民党役員人事の予測が主題で、文書の格付けはConfidential (機密)となっている。 その中では、国会議員、ジャーナリスト、学識者、自民党の内部などに大使館員が...
「安倍晋三総理の意思決定は独善的」〜アメリカ大使館機密文書 第一次安倍内閣時の評価が、ウィキリークス流出文書に存在
 

続きを読む 

最新記事
記事一覧へ
PR・コマース
記事一覧へ
エドワード・スノーデン主役のフィルムとオーウェルの『1984』が リメイクして公開中
 
【書評】フランス料理から、ベトナムのフォー屋台まで
 
【映画館紹介】ブリリア ショートショート シアター
 
ランキング
記事一覧へ
国内
記事一覧へ
外信
記事一覧へ
文化
記事一覧へ
学問・勉強
記事一覧へ
English
See all

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る