Menu

米国NSA、福島原発事故時に通信傍受活動「2号機の燃料が2メートル露出している」とレポート【2011/3/14】

福島第一原子力発電所事故の際に、アメリカ政府で通信傍受を担当する諜報機関のNSAが行なっていた活動の一部が明らかになりました。 米国原子力規制委員会・NRCが開示していた文書を精査した結果、画像・赤線部の通り、3月14日午前10時55分34秒の時点でNSAから「2号機の燃料が2メートル露出している」という連絡が行なわれている部分が発見されたものです。 この報告から直ちに、当時2号機の燃料が露出していたかどうかの確証はもてませんが、NSAがSIGINTを専門的に行なう機関で...
米国NSA、福島原発事故時に通信傍受活動「2号機の燃料が2メートル露出している」とレポート【2011/3/14】
 

続きを読む 

最新記事
記事一覧へ
PR・コマース
記事一覧へ
エドワード・スノーデン主役のフィルムとオーウェルの『1984』が リメイクして公開中
 
【書評】フランス料理から、ベトナムのフォー屋台まで
 
【映画館紹介】ブリリア ショートショート シアター
 
ランキング
記事一覧へ
国内
記事一覧へ
外信
記事一覧へ
文化
記事一覧へ
学問・勉強
記事一覧へ
English
See all

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る