Menu
エコーニュースR(2015年5月〜)はこちら

葉梨法務副大臣 556万を研修会名目で違法に収受 クレカの領収書を使った二重払いの架空支出も 政治資金規正法違反の疑い

法務副大臣で自民党の国対副委員長、葉梨康弘衆議院議員(茨城3区選出)の政治資金管理団体「信和政経懇話会」が支出ゼロの会合費として556万の収入を計上したり、商品をクレジットカードで購入した際に、支出を二度したように計上することを続けて架空の支出を毎年計上していたことが、政治資金収支報告書の記載から分かった。 同団体の政治資金収支報告書によれば、毎年「新戦略産業研究会」というイベントを開催しており、例えば平成24年には100万円の会費を集めているが、支出の欄を見ても全く、対応する出費がない。...
葉梨法務副大臣 556万を研修会名目で違法に収受 クレカの領収書を使った二重払いの架空支出も 政治資金規正法違反の疑い
 

続きを読む▼

未来検索ブラジル社「社員の個人情報がネットに書かれて困ってる。うちが起こした裁判の記録は封印してください」 東京地裁へ要望

2ちゃんねるの実質運営企業と警察に認定されている未来検索ブラジル社が、取締役西村博之氏に関する麻薬取締法違反などの容疑で警察から受けた捜査について違法だったなどとして損害賠償を警察に求めていた事件で、その裁判の記録を閲覧して書かれた5月7日付けのエコーニュース記事で自社従業員のプライバシーが害されていたなどとして、特別に裁判記録の一部を公開停止するように東京地方裁判所へ申立をしていたことが、分かった。 この裁判の記録を9月19日にもう一度、東京地方裁判所で本紙のスタッフが閲覧したところ、ブ...
未来検索ブラジル社「社員の個人情報がネットに書かれて困ってる。うちが起こした裁判の記録は封印してください」 東京地裁へ要望
 

続きを読む▼

LINE開発プロジェクトのリーダー 李海珍氏 素性はネイバー創業者で韓国諜報部の検索システム開発者

通話・メッセージアプリLINEの開発をNHN Japan(現LINE社)で発案、指揮したとされる李海珍氏が、かつて韓国情報機関の情報検索システムを開発していたことや、実は親会社の創業者でいまも取締役会・議長であることなどが公開情報の突き合わせで分かった。 李海珍氏 (日本語読み、英語表記、韓国語表記はそれぞれ、イ・ヘジン,Hae jin Lee, 이해진 ) は韓国NHN(注1*)の共同創業者でラインの韓国法人本体の生みの親である。現在はNAVER取締役・会議長をつとめる。 LI...
LINE開発プロジェクトのリーダー 李海珍氏 素性はネイバー創業者で韓国諜報部の検索システム開発者
 

続きを読む▼

自民 文京区の地方議員4人が自身が代表の政党支部へ4040万円を寄付 節税対象の会計処理が政治資金収支報告書から判明

(矛盾の解消を訴えている、えびさわけいこ文京区議会議員(51)HPより) 自由民主党の海老澤敬子(えびさわけいこ)文京区議会議員ら文京区の地方議員4人が、自身が代表を務める自民党支部に、平成23年から25年にかけて自分で寄付を行い(合計で4040万円)、そのぶん自分個人の所得税や住民税などの控除対象と出来る会計処理をしていたことが、東京都に提出された政治資金収支報告書から分かった。 さらにこれら政党支部の支出はほとんどが政治資金収支報告書に記載不要の少額支出や人件費となっており、...
自民 文京区の地方議員4人が自身が代表の政党支部へ4040万円を寄付 節税対象の会計処理が政治資金収支報告書から判明
 

続きを読む▼

鳩山邦夫氏、妻と鳩山太郎氏経営の「鳩山企画」に、1年に自動車1台200万、電話機10台を44万円で「借りる」キャッシュバック契約

自民党の鳩山邦夫元法務大臣が、文京区本郷の鳩山ビルに入居していて、妻と息子の経営する会社「鳩山企画」へ事務所の賃料や何か不明な「リース料」として合計1578万円超をこの平成23年と24年の2年間だけで支払っていたことが政治資金収支報告書の記載から分かった。 (鳩山ビルに入居して、鳩山議員関係の業務以外の実体が不明で、鳩山邦夫氏の政治資金から支出を受けおり、鳩山エミリ氏が代表取締役の「鳩山企画」登記簿) 鳩山代議士の政治資金管理団体「新声会」の政治資金収支報告書によれば、支払の内訳...
鳩山邦夫氏、妻と鳩山太郎氏経営の「鳩山企画」に、1年に自動車1台200万、電話機10台を44万円で「借りる」キャッシュバック契約
 

続きを読む▼

ページトップへ戻る