Menu
エコーニュースR(2015年5月〜)はこちら

Fukushima incident is no surprise. Japanese MOFA report in 1984 revealed. ‘’18000 acute die. Plus 24000 die of cancer even if evacuated. The sites are located in rural area, in reality ’’

According to the report on military attacks on nuclear power plant Ministry of Foreign Affairs (MOFA) planned, we came to some features quiet interesting after Fukushima era. In spite of that the report is drawn in 1984, the situation is quiet simila...
Fukushima incident is no surprise. Japanese MOFA report in 1984 revealed. ‘’18000 acute die. Plus 24000 die of cancer even if evacuated. The sites are located in rural area, in reality ’’
 

続きを読む▼

「原発事故一つで、最大24000人がガンを後発的に発症して死亡」「広範囲における除染は困難」日本政府の委託研究 1984年から公表されず

日本政府・外務省の委託研究として1984年に作成された原子炉の軍事攻撃と事故に関するレポートのなかで、長期的に発生する健康被害や、除染事業の困難さについての予測もおこなわれていたことが判りました。 それによれば、慢性的な影響においては、「汚染区域から人々がほどなく移転」した前提で被爆の影響を考慮しています。しかし、汚染区域移転をして長期の被爆を避けたとしても、事故直後に放出される放射性物質をが呼吸に取り込まれる結果、主に肺がんを中心としたガンを発症と推定。気象条件次第で最大24000人がガ...
「原発事故一つで、最大24000人がガンを後発的に発症して死亡」「広範囲における除染は困難」日本政府の委託研究 1984年から公表されず
 

続きを読む▼

日本政府 原発「新規制基準」の原案を米国へ提示して協議 国内では公開せず。

昨年の初めから夏頃にかけて、日本の原子力規制委員会がアメリカ政府NRCと、日本で定める原子力発電所用・新規制基準案の原案となる文書の交換を行っていることが分かりました。議論のためには原子力規制庁の上級職員が渡米していたことの報道を受けて、政府に文書の提出を求めた結果、アメリカ側に送っていたPowerPointスライドを入手しました。 またアメリカ側への情報公開請求によって、本紙ではその交換された文書名のリスト一覧と、実際に議論に使われた資料の一部を入手しました。 (表紙部には、新...
日本政府 原発「新規制基準」の原案を米国へ提示して協議 国内では公開せず。
 

続きを読む▼

日本政府 福島第二原発訴訟の記録を『紛失』  情報公開請求で判明

2011年の福島第一事故後に、福島第一と福島第二の両方について設置許可の無効を争う訴訟を提起した原告が、証拠収集のため、過去提起された「福島第二原子力発電所原子炉1号機設置許可処分取り消し訴訟」の関連書類一式を情報公開請求したところ、経済産業省下の原子力安全・保安院(現在は原子力規制委員会)が書類を紛失していたことが分かりました。 2.(2)にある「該当する行政文書ファイル名と実際の文書が一致しておらず、開示決定後改めて行政文書を捜索したが存在しないため、不開示とした」が、福島第二の訴...
日本政府 福島第二原発訴訟の記録を『紛失』  情報公開請求で判明
 

続きを読む▼

都知事選挙報道に関しての論説方針

選挙報道に関しては、旗色を明確にした上で報道をします。 これは建前の「公正中立」ではなく「フェアプレイ」をするということです。 建前上の公正中立とは、不偏不党です。 しかし実際には、各候補、政党等の扱いの比重や評価で差をつけています(極端な例が産経〜東京新聞) なので実際には「中立」とは違って各社それぞれに色があります。ご存知の通り。 しかし、「不偏不党」をうたっています。 これは、明治期の新聞研究によれば、自由民権運動などの政党活動ではなく「政府の御用新聞」を引き受...
都知事選挙報道に関しての論説方針
 

続きを読む▼

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る