Menu
エコーニュースR(2015年5月〜)はこちら

「あなたの会社はスノーデン氏を止められますか?」ーーーセキュリティソフト・メーカーに聞いてみた結果は・・・

米国政府から大量の機密文書を持ち出した元CIA職員でNSA契約業者のSE、エドワード・スノーデン氏。内部に彼のような人が現れたとき、会社や国はそれを防止できるのでしょうか? まあスノーデンさんの行為自体については、祖国を裏切ったとか、いや人類全体のためになることをしたとか、政府の誤りをただす英雄だとかいろんな見方、賛否両論がありえます。(本紙はどっちかというと圧倒的に肯定する立場だが)。この是非は保留しておいて、同様の自体が生じたときに、データ流出を防止することは出来るんですかそうですかと...
「あなたの会社はスノーデン氏を止められますか?」ーーーセキュリティソフト・メーカーに聞いてみた結果は・・・
 

続きを読む▼

LINE社の奇妙な決算報告、読めば読むほど理解不能に 不透明な売上総額の推移

(同時期の決算について数値が相違して、その関係も不透明な2つの資料:筆者が意図的に分かりにくい画にしているわけではない。)  これまでLINE社ないし親会社NAVERがリリースとして発表しており、メディアでもそのままの数字が伝えられていた四半期決算のプレスリリース資料で、発表の範囲と方法とがコロコロ変わっていて、為替の単位もいつのものを使っているのか不明な場合があるため、連続的な理解がとても困難であることが分かった。  NAVERによる2013年5月9日発表の業績資料では、「日本...
LINE社の奇妙な決算報告、読めば読むほど理解不能に 不透明な売上総額の推移
 

続きを読む▼

LINEの送金決済サービス 契約書面で「安全性を保障しない」と明示 トラブルでも損害賠償請求を制限 契約名義はLINE本体とも別会社と判明

LINE社が立ち上げを発表していた、LINEアカウントを使った送金・決済サービスのLINE Payについて、契約者はユーザーと契約するのはライン本体ではなく子会社のLINE Pay株式会社であり、さらに利用規約で損害賠償の額について極めて制限していることが、匿名ネットユーザーの指摘などを契機に分かった。 このサービスは、LINE CashとLINE Moneyと呼ばれる二種類のマネー(以下、この記事では単に「電子マネー」という)口座を使ってユーザー間の送金や、登録してある店舗でのネット...
LINEの送金決済サービス 契約書面で「安全性を保障しない」と明示 トラブルでも損害賠償請求を制限 契約名義はLINE本体とも別会社と判明
 

続きを読む▼

歴史は勝者によって描かれます。そして名が残るのは勝利した側の軍人です:2ch管理者 ジム・ワトキンス氏インタビュー(中編)

(右は第一次世界大戦のエースパイロットでアメリカ空軍殊勲十字賞を得たリッケンバーカー。左は一瞬で2chを確保したジム・ワトキンス氏) 2ちゃんねるの管理人ーーまとめサイトによる拡散が続いているため、日本のネットでGoogle検索の1ページ目を実質的にコントロールする事も出来る立場になったジム・ワトキンス氏。彼は何から人生を学んで、これから何をしようと考えているのか。前編に続いてお伝えする。 ———ジムさんが(前回に)LINEについておっしゃったことはそのまま書いても構わなかっ...
歴史は勝者によって描かれます。そして名が残るのは勝利した側の軍人です:2ch管理者 ジム・ワトキンス氏インタビュー(中編)
 

続きを読む▼

安倍政権、アメリカ版福島事故議事録を保有 少なくとも半年以上公表せず 隠蔽 2013年1月から

本紙の報道したアメリカNRC版・福島事故議事録(記事はこちらをクリックで参照ください)を、遅くとも昨年1月には安倍内閣と原子力規制委員会が入手していたにもかかわらず、その存在を全く公開していなかったことが分かりました。 この懸案の議事録は、アメリカ情報公開請求法に基づいて、2012年の夏に公開されました。その中では日本政府とアメリカ側のやりとりが秒刻みで記載。3月17日時点で3号機の燃料プールがからになっているのではないかという、国内では全く発表されなかった防衛省発のアメリカへの情報などが...
安倍政権、アメリカ版福島事故議事録を保有 少なくとも半年以上公表せず 隠蔽 2013年1月から
 

続きを読む▼

ページトップへ戻る