Menu
エコーニュースR(2015年5月〜)はこちら

米政府の過度な秘密主義「ウズベキスタンでコンドームの使い方の解説が処罰された」報告まで機密指定 WikiLeaks漏洩公電より判明

ウズベキスタン国内のコンドーム普及運動に対してウズベキスタン政府が弾圧を行い、NGO指導者のポポフ氏(28才)が懲役7年の刑を受けたことと、コンドーム使用方法について詳しく書いた文書の配布を禁止したと、駐ウズベキスタン米国大使館が2010年2月に(わざわざ)機密公電で報告していたことが、WikiLeaksの暴露で分かった。 それによると、HIV/AIDSの感染防止のために、性交時のコンドームの正しい装着方法についてのとても克明な描写や、注射針の使い回しを避けるように説明する冊子を配...
米政府の過度な秘密主義「ウズベキスタンでコンドームの使い方の解説が処罰された」報告まで機密指定 WikiLeaks漏洩公電より判明
 

続きを読む▼

ウィキリークス流出 アメリカ大使館機密公電で判明 「閣僚選任の『身体検査』は警察庁が担当」 河野太郎氏が米国へ情報提供

組閣で大臣らの選任を行う際に、閣僚候補者に不祥事がないかを事前に調べる「身体検査」について警察庁がその少なくとも一部を担当していることが、第一次安倍内閣の内閣改造時にアメリカ大使館の作成した機密指定文書に記載された河野太郎衆議院議員の発言から、分かった。 この文書は、ジュリアン・アサンジ氏が代表を務める情報告発サイト、ウィキリークスが開示した25万通の米国国務省、公電の中から発見されたもの。 (河野太郎氏が、アメリカ大使館員に語った記載箇所。National Police...
ウィキリークス流出 アメリカ大使館機密公電で判明 「閣僚選任の『身体検査』は警察庁が担当」 河野太郎氏が米国へ情報提供
 

続きを読む▼

「安倍晋三総理の意思決定は独善的」アメリカ大使館機密文書 飯島勲氏が主要な米国情報源の一人〜ウィキリークス漏洩公電から判明

第一次安倍内閣時に、日本のアメリカ大使館が作成した機密文書の中で、安倍晋三氏への評価として「身勝手な意思決定」をするという評価があることが、WikiLeaksへ漏洩したアメリカ国務省の文書から発見された。 文書の作成日付は、2007年の参議院選挙で与党自民党が敗北し、次期の内閣改造が待たれていた8月24日。新内閣と自民党役員人事の予測が主題で、文書の格付けはConfidential (機密)となっている。 その中では、国会議員、ジャーナリスト、学識者、自民党の内部などに大使館員が...
「安倍晋三総理の意思決定は独善的」アメリカ大使館機密文書 飯島勲氏が主要な米国情報源の一人〜ウィキリークス漏洩公電から判明
 

続きを読む▼

LINE社「エコーニュースが誤報したから名誉毀損で訴える。」→エコーニュース「うちもLINE社に記事パクられてるから著作権侵害で訴えます。」

先日、LINEから「うちの監査役だった人がFBIに検挙されたという報道があったが、あれは同姓同名の別人である。そして誤報だからすぐ記事を訂正して謝罪文出してくれ。でないと名誉毀損だから民事・刑事両方で訴えるぞ」というお手紙が届いたので、弊社は「誤報ですいませんでした。」という謝罪文の掲載と記事の訂正を行うことがありました。 しかし、その当のLINEが自社の運営するライブドアブログで弊社の記事を無断転載し続けています(こっちも、著作権法違反で損害賠償請求および刑事での告訴可能。)。あまり難し...
LINE社「エコーニュースが誤報したから名誉毀損で訴える。」→エコーニュース「うちもLINE社に記事パクられてるから著作権侵害で訴えます。」
 

続きを読む▼

日本人拉致被害者・・・原子力工学者が含まれ、北朝鮮の核開発に寄与した可能性 古屋国家公安委員長は否定せず

9月1日、外国特派員協会で古屋圭司国家公安委員長(兼拉致問題担当相)が北朝鮮による拉致問題に関して会見を行った。この中で古屋氏は安倍総理の拉致問題解決への熱意と、現政権が拉致問題の解決に強く取り組んでいることを説明。 そして日本政府が確実だと認定している拉致の被害者は18人だったが、「北朝鮮による拉致の可能性が排除されない事案」として、860人を昨年春に安倍政権が公表したことを強調した。 会見後の質疑応答では外国人記者が、北朝鮮が核開発とミサイル研究に力を入れていることを指摘...
日本人拉致被害者・・・原子力工学者が含まれ、北朝鮮の核開発に寄与した可能性 古屋国家公安委員長は否定せず
 

続きを読む▼

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る