Menu
エコーニュースR(2015年5月〜)はこちら

議員「NSAは米連邦議会まで傍受してるのか?」→NSA「一般国民と同じ扱いです」

2014年1月5日13時47分

議員「NSAは米連邦議会まで傍受してるのか?」→NSA「一般国民と同じ扱いです」

CNNが伝えたところによると、NSAは議会の議員について「『一般人と同様』に、プライバシー保護を行なっている」ということです。


アメリカ連邦上院議員・バーナー・サンダーズ氏が、1月3日に出した質問状で、「NSAは議会のメンバーも盗聴しているのか?」と尋ねたところ、この回答が返ってきたそうです。


本紙の解釈では「一般国民と同様」とは特別扱いはしていませんということです(法の下の平等を貫徹していますね)。

あと、議会の議員は重要な情報に接する機会も多い要人であり、また必然的に海外との連絡が頻繁なので、一般人よりも遥かに重点的に監視対象になっていただろうなというのが必然的な推論です。


つまり、はぐらかしているわけです。

CNNも、NSAの返事は質問に対する答えになっていないじゃないかといっています。


 

人気記事ランキング
 

ページトップへ戻る